小児の病気 モバイルトップ > 血液・がん -小児の病気- 鉄欠乏性貧血(小児の症状・治療)

血液・がん -小児の病気-


鉄欠乏性貧血(小児の症状・治療)




鉄欠乏性貧血とは?
鉄欠乏性貧血とは、貧血の中でも最もよく見られる貧血で、体内の鉄が欠乏することでヘモグロビン(血液)が十分に作られずに貧血になります。
小児の場合は体が急激に成長する、生後6ヶ月~2歳と思春期に起こりやすいです。生後6ヶ月の小児に鉄欠乏性貧血が起こりやすいのは離乳によって、鉄分が不足しやすいからです。


鉄欠乏性貧血による小児の症状
鉄欠乏症の症状には動悸、めまい、息切れ、疲労、耳鳴り、集中力の低下などがあります。このような症状では小児の顔色が白っぽかったり、小児の機嫌が悪い、元気がないといった形で見られます。
なお、慣れてしまって鉄欠乏症に気がつかない小児もいます。

小児の鉄欠乏症の治療
検査した結果、小児の貧血の原因が鉄分不足であることがわかれば、鉄剤を服用したり食事療法を行います。
鉄剤の服用を始めると、小児の貧血症状が改善されますが、しばらく続ける必要があります。日常生活では小児に鉄分を多く含む食事をとらせるようにしましょう。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
血液・がん -小児の病気-一覧
  1. 新生児メレナ(症状・予防) 
  2. 鉄欠乏性貧血(小児の症状・治療) 
  3. 敗血症(小児の症状・治療) 
  4. DIC(新生児の症状・治療) 
  5. 特発性血小板減少性紫斑症(小児の症状・治療) 
  6. 血友病(小児の症状・治療) 
  7. 血管性紫斑病(小児の症状・治療) 
  8. 白血病・急性リンパ白血病(小児の症状・治療) 
  9. 悪性リンパ腫(小児の症状・治療) 
  10. 神経芽細胞腫(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル