小児の病気 モバイルトップ > アレルギー -小児の病気- 食物アレルギー(小児の症状・治療)

アレルギー -小児の病気-


食物アレルギー(小児の症状・治療)




食物アレルギーとは?
食物アレルギーとは、ある食べものが原因でアレルギーを引き起こす病気です。

アレルギーの原因になりやすい食べものには、卵、牛乳、そば、大豆、小麦、エビなどがあり、そのほかにも人によって様々です。
小児の食物アレルギーは、特に卵、牛乳、大豆であることが多いといわれています。


食物アレルギーによる小児の症状
食物アレルギーによる小児の症状は人によって様々ですが、じんましん、かゆみ、むくみ、嘔吐、下痢、頭痛、鼻水、目のかゆみなどがあります。
危険な症状としては、呼吸困難などのショック状態で、アナフィラキシーショックといわれます。

小児の食物アレルギーの治療
まず食物アレルギーであるかどうか確かめるための検査を行って、原因となる食べ物を見つけます。
検査方法には食物負荷試験といわれる、可能性のある食べ物を食べて反応を調べる検査や、血液検査、皮膚検査などがあります。

このような検査で原因物質をみつけたら、除去食といわれる原因物質を食べない食生活で食物アレルギーを予防します。
小児の場合は食物によっては成長に影響することもありますので、医師の指示にはしっかり守るようにしましょう。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
アレルギー -小児の病気-一覧
  1. アトピー性皮膚炎(小児の症状・治療) 
  2. アレルギー性鼻炎(小児の症状・治療) 
  3. 食物アレルギー(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル