小児の病気 モバイルトップ > 消化器 -小児の病気- 腸重積症(小児の症状・治療)

消化器 -小児の病気-


腸重積症(小児の症状・治療)




腸重積症とは?
腸重積症とは、腸の一部が何重かに重なる病気で、生後4ヶ月~2歳の小児に起こりやすいです。 ぽっちゃりした男の子に起こりやすいですが、4歳を過ぎると起こる可能性は低くなります。

腸重積症になると、何重かに重なっている腸が締め付けられれて血の通りが悪くなったり、消化物の流れが悪くなります。


腸重積による小児の症状
腸重積になると、突然のお腹の痛みに小児が泣き出すことがあります。
腹痛は数十分おきに起こるので、小児はぐったりとしてきます。

また、腸重積になると血便の症状も見られます。血便は症状が進行するほどひどくなっていき、ケチャップのような状態になることもあります。

小児の腸重積の治療
腸重積は非常に危険な病気であるため、早期発見・早期治療が非常に大切です。腸重積が起こってから24時間以内の場合は、高圧浣腸といわれる治療法で治療が可能です。

症状がひどい場合は手術が必要となります。手術が必要な場合は数週間の入院しながらの治療となります。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
消化器 -小児の病気-一覧
  1. 胃潰瘍・十二指腸潰瘍(小児の症状・治療・原因) 
  2. 過敏性腸症候群(小児の症状・原因・治療) 
  3. 先天性巨大結腸症(小児の症状・治療) 
  4. 急性胃腸炎(小児の症状・治療) 
  5. 細菌性食中毒(小児の症状や潜伏期間) 
  6. 幽門狭窄症(小児の症状・治療) 
  7. 乳幼児嘔吐下痢症(小児の症状・治療) 
  8. 鼠径ヘルニア(小児の症状・治療) 
  9. 臍ヘルニア(小児の症状・治療) 
  10. 腸重積症(小児の症状・治療) 
  11. 噴門弛緩症(小児の症状・治療) 
  12. 新生児壊死性腸炎(小児の症状・治療) 
  13. 胃破裂(新生児の症状・治療) 
  14. クローン病(小児の症状・治療) 
  15. 潰瘍性大腸炎(小児の症状・治療) 
  16. 腹膜炎(小児の症状・治療) 
  17. 腸閉塞(小児の症状・治療) 
  18. 急性虫垂炎(小児の症状・治療) 
  19. 横隔膜ヘルニア(小児の症状・治療) 
  20. 薬物性肝障害(小児の症状・治療) 
  21. 肝硬変(小児の症状・治療) 
  22. 急性脳症・ライ症候群(小児の症状・治療) 
  23. 先天性胆道閉鎖症(小児の症状・治療) 
  24. 先天性胆道拡張症(小児の症状・治療) 
  25. 膵炎(小児の症状・治療) 
  26. 門脈圧亢進症(小児の症状・治療) 
  27. 脱肛(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル