小児の病気 モバイルトップ > 消化器 -小児の病気- 細菌性食中毒(小児の症状や潜伏期間)

消化器 -小児の病気-


細菌性食中毒(小児の症状や潜伏期間)




細菌性食中毒とは?
細菌性食中毒では、食事のときに一緒に入ってきた細菌や細菌による毒素によって急性の中毒症状を引き起こす病気です。
ほとんどの場合は加熱することで食中毒は避けることができますが、ボツリヌス菌の毒素のように少しの加熱でも壊れないこともあります。
小児は大人よりも抵抗力が弱いので、症状悪化に注意が必要です。


腸炎ビブリオによる小児の食中毒症状
腹痛、下痢、血便、嘔吐、発熱など。
☆潜伏期…12時間~24時間で夏場に発生しやすいです。

サルモネラ菌による小児の食中毒症状
腹痛、下痢、嘔吐、発熱、脱力感など。
☆潜伏期…6時間~48時間で夏や秋に発生しやすいです。

ブドウ球菌による小児の食中毒症状
吐き気、下痢、嘔吐、腹痛など。
☆潜伏期…30分~6時間で夏に発生しやすいです。

病原性大腸菌O-157による小児の食中毒
吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱、血便、腎障害、溶血、脳症など。
☆潜伏期…4~5日で夏に発生しやすいです。

カンピロバクターによる小児の食中毒
下痢、腹痛、嘔吐、発熱など。
☆潜伏期…5日で季節は問いません。

ボツリヌス菌による小児の食中毒
腹痛、嘔吐、下痢、めまい、全身麻痺、意識障害など。
☆潜伏期…10日以上で夏に発生しやすいです。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
消化器 -小児の病気-一覧
  1. 胃潰瘍・十二指腸潰瘍(小児の症状・治療・原因) 
  2. 過敏性腸症候群(小児の症状・原因・治療) 
  3. 先天性巨大結腸症(小児の症状・治療) 
  4. 急性胃腸炎(小児の症状・治療) 
  5. 細菌性食中毒(小児の症状や潜伏期間) 
  6. 幽門狭窄症(小児の症状・治療) 
  7. 乳幼児嘔吐下痢症(小児の症状・治療) 
  8. 鼠径ヘルニア(小児の症状・治療) 
  9. 臍ヘルニア(小児の症状・治療) 
  10. 腸重積症(小児の症状・治療) 
  11. 噴門弛緩症(小児の症状・治療) 
  12. 新生児壊死性腸炎(小児の症状・治療) 
  13. 胃破裂(新生児の症状・治療) 
  14. クローン病(小児の症状・治療) 
  15. 潰瘍性大腸炎(小児の症状・治療) 
  16. 腹膜炎(小児の症状・治療) 
  17. 腸閉塞(小児の症状・治療) 
  18. 急性虫垂炎(小児の症状・治療) 
  19. 横隔膜ヘルニア(小児の症状・治療) 
  20. 薬物性肝障害(小児の症状・治療) 
  21. 肝硬変(小児の症状・治療) 
  22. 急性脳症・ライ症候群(小児の症状・治療) 
  23. 先天性胆道閉鎖症(小児の症状・治療) 
  24. 先天性胆道拡張症(小児の症状・治療) 
  25. 膵炎(小児の症状・治療) 
  26. 門脈圧亢進症(小児の症状・治療) 
  27. 脱肛(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル