小児の病気 モバイルトップ > 消化器 -小児の病気- 急性胃腸炎(小児の症状・治療)

消化器 -小児の病気-


急性胃腸炎(小児の症状・治療)




急性胃炎とは?
急性胃腸炎は、胃・小腸・大腸に炎症が急激に起こる状態をいいます。

急性胃腸炎の主な原因には細菌やウイルスなどですが、薬物、アレルギーなども原因となります。 エンテロウイルスによる急性胃腸炎は夏に多いですが、その他ウイルスによる急性胃腸炎は冬が多いです。
一方で細菌による急性胃腸炎は夏に多いです。


急性胃腸炎による小児の症状
ウイルス性の急性胃腸炎は細菌性のものより症状は軽く、食欲不振、下痢、嘔吐、腹痛などの症状がみられます。

細菌性の急性腸炎の場合も、下痢、嘔吐、腹痛、発熱などの症状が起こります。 さらに、血便や便に膿がみられることもあります。

小児の急性胃腸炎の治療
下痢止めや吐き気止めを服用しながら、水分を補給して治療します。

胃腸を安静にするため、1食2食絶食を行う治療法もあります。
この絶食による治療では、食事はしませんが水分補給は適時とるようにします。

嘔吐や吐き気で食事ができない場合は、吐き気を抑える制吐薬の投与や輸液療法といって点滴をおこなう必要が出てきます。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
消化器 -小児の病気-一覧
  1. 胃潰瘍・十二指腸潰瘍(小児の症状・治療・原因) 
  2. 過敏性腸症候群(小児の症状・原因・治療) 
  3. 先天性巨大結腸症(小児の症状・治療) 
  4. 急性胃腸炎(小児の症状・治療) 
  5. 細菌性食中毒(小児の症状や潜伏期間) 
  6. 幽門狭窄症(小児の症状・治療) 
  7. 乳幼児嘔吐下痢症(小児の症状・治療) 
  8. 鼠径ヘルニア(小児の症状・治療) 
  9. 臍ヘルニア(小児の症状・治療) 
  10. 腸重積症(小児の症状・治療) 
  11. 噴門弛緩症(小児の症状・治療) 
  12. 新生児壊死性腸炎(小児の症状・治療) 
  13. 胃破裂(新生児の症状・治療) 
  14. クローン病(小児の症状・治療) 
  15. 潰瘍性大腸炎(小児の症状・治療) 
  16. 腹膜炎(小児の症状・治療) 
  17. 腸閉塞(小児の症状・治療) 
  18. 急性虫垂炎(小児の症状・治療) 
  19. 横隔膜ヘルニア(小児の症状・治療) 
  20. 薬物性肝障害(小児の症状・治療) 
  21. 肝硬変(小児の症状・治療) 
  22. 急性脳症・ライ症候群(小児の症状・治療) 
  23. 先天性胆道閉鎖症(小児の症状・治療) 
  24. 先天性胆道拡張症(小児の症状・治療) 
  25. 膵炎(小児の症状・治療) 
  26. 門脈圧亢進症(小児の症状・治療) 
  27. 脱肛(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル