小児の病気 モバイルトップ > 消化器 -小児の病気- 腹膜炎(小児の症状・治療)

消化器 -小児の病気-


腹膜炎(小児の症状・治療)




腹膜炎とは?
腹膜炎とは、腹腔を覆っている腹膜(内臓と腹壁の一部を覆っている薄い膜)に炎症が起きる状態で、急性腹膜炎と慢性腹膜炎があります。

小児の場合は細菌性の腹膜炎で急性のものが多く、適切な診断や治療がなされないと敗血症性ショック、DIC、多臓器不全などを併発する可能性があります。
腹膜炎のの原因は細菌性の他に、胆嚢炎や憩室炎などから広がって腹膜炎を起こしたり、内臓破裂、膵液の漏出などが刺激となって腹膜炎をおこすことがあります


腹膜炎による小児の症状
腹膜炎による小児の症状は自覚症状がわかりにくいことが多いですが、一般的に激痛が腹部全体に広がり、喉の渇き、吐き気、嘔吐、発熱、腸閉塞症状がみられます。

症状が重いと、ショック状態や死亡する危険性も高まります。
予後は良くなく、腹膜炎の進行程度、炎症を起こした菌の種類、患者さんの年齢や抵抗力、発症後の経過時間などによって変わってきます

腹膜炎の治療
腹膜炎では緊急手術を行う必要があります。
腹膜炎の手術では原因の臓器を切除したり、穴をふさいだり、腹腔の膿を除去などが行われます。

腹膜炎は原因となる病気が悪化して引き起こされることが多いので、その原因となる病気の治療も大切です。
なお、腸管機能が回復するまでは、絶食、安静、輸液療法、抗菌薬投与が行われます。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
消化器 -小児の病気-一覧
  1. 胃潰瘍・十二指腸潰瘍(小児の症状・治療・原因) 
  2. 過敏性腸症候群(小児の症状・原因・治療) 
  3. 先天性巨大結腸症(小児の症状・治療) 
  4. 急性胃腸炎(小児の症状・治療) 
  5. 細菌性食中毒(小児の症状や潜伏期間) 
  6. 幽門狭窄症(小児の症状・治療) 
  7. 乳幼児嘔吐下痢症(小児の症状・治療) 
  8. 鼠径ヘルニア(小児の症状・治療) 
  9. 臍ヘルニア(小児の症状・治療) 
  10. 腸重積症(小児の症状・治療) 
  11. 噴門弛緩症(小児の症状・治療) 
  12. 新生児壊死性腸炎(小児の症状・治療) 
  13. 胃破裂(新生児の症状・治療) 
  14. クローン病(小児の症状・治療) 
  15. 潰瘍性大腸炎(小児の症状・治療) 
  16. 腹膜炎(小児の症状・治療) 
  17. 腸閉塞(小児の症状・治療) 
  18. 急性虫垂炎(小児の症状・治療) 
  19. 横隔膜ヘルニア(小児の症状・治療) 
  20. 薬物性肝障害(小児の症状・治療) 
  21. 肝硬変(小児の症状・治療) 
  22. 急性脳症・ライ症候群(小児の症状・治療) 
  23. 先天性胆道閉鎖症(小児の症状・治療) 
  24. 先天性胆道拡張症(小児の症状・治療) 
  25. 膵炎(小児の症状・治療) 
  26. 門脈圧亢進症(小児の症状・治療) 
  27. 脱肛(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル