小児の病気 モバイルトップ > 小児の感染症 溶連菌感染症(小児の症状・治療)

小児の感染症


溶連菌感染症(小児の症状・治療)




溶連菌感染症とは?
溶連菌感染症とは溶連菌(溶血性連鎖球菌)といわれる細菌に感染することで発症する病気です。
溶連菌の感染は2歳~10歳の小児がかりやすく、感染している人のくしゃみや咳などから感染する飛沫感染です。


溶連菌感染症による小児の症状
溶連菌感染症による小児の症状には、38℃~39℃の発熱、のどの痛み、嘔吐、腹痛、発疹などがあります。

高熱が出てから数日たって赤い発疹が体のいたるところに現れてきて、舌にも赤いぶつぶつが見られるようになります。

小児の溶連菌感染症の治療
小児の溶連菌感染症の治療には溶連菌に対する抗生物質を服用することで行います。
抗生物質を服用すると数日で体の状態が回復に向かいますが、そこで薬をやめないで必ず医師の指示通り続けることが大切です。

なぜなら、途中で服用をやめてしまうと、まだ体に残っている溶連菌によって病気が再発したり、リウマチ熱などの合併症を引き起こす可能性があるからです。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
小児の感染症一覧
  1. 風疹(小児の症状・治療) 
  2. インフルエンザ(小児の症状・治療・予防接種) 
  3. 突発性発疹(小児の症状・治療) 
  4. 麻疹・はしか(小児の症状・治療) 
  5. おたふく風邪(小児の症状・治療) 
  6. 手足口病(小児の症状・治療) 
  7. ヘルパンギーナ(小児の症状・治療) 
  8. プール熱(小児の症状・治療) 
  9. 伝染性紅斑(小児の症状・治療) 
  10. 百日咳(小児の症状・治療) 
  11. 溶連菌感染症(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル