小児の病気 モバイルトップ > 小児の感染症 突発性発疹(小児の症状・治療)

小児の感染症


突発性発疹(小児の症状・治療)




突発性発疹って?
突発性発疹はヒトヘルペスウイルス6型に感染によって、発疹があらわれる病気です。 生後4ヶ月~2歳の小児がかかりやすい病気で、1年を通して見られる病気です。

ほとんどの小児が経験する病気ですが、予後は良好で合併症の心配などは特にありません。


突発性発疹による子供の症状
38℃~40℃の高熱が突然起こって、2~3日続きます。
このときに熱性けいれんを引き起こすことがあります。

その後は突然熱が下がり、赤い発疹が見られるようになります。
発疹は背中から体中に広がり始めますが、この発疹も2、3日で消失していきます。
このときにの発疹にはかゆみはありません。

小児の突発性発疹の治療
まず医師に診てもらいましょう。
突発性発疹は時間が経過すると自然に治りますので、家で安静にさせます。
家では水分補給に十分気を配りましょう。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
小児の感染症一覧
  1. 風疹(小児の症状・治療) 
  2. インフルエンザ(小児の症状・治療・予防接種) 
  3. 突発性発疹(小児の症状・治療) 
  4. 麻疹・はしか(小児の症状・治療) 
  5. おたふく風邪(小児の症状・治療) 
  6. 手足口病(小児の症状・治療) 
  7. ヘルパンギーナ(小児の症状・治療) 
  8. プール熱(小児の症状・治療) 
  9. 伝染性紅斑(小児の症状・治療) 
  10. 百日咳(小児の症状・治療) 
  11. 溶連菌感染症(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル