小児の病気 モバイルトップ > 小児の尿異常 無症候性血尿(小児の症状)

小児の尿異常


無症候性血尿(小児の症状)




無症候性血尿って?
無症候性血尿とは症状が血尿だけで、他に症状が見当たらない血尿のことをいいます。
無症候性血尿は約半数の人が数年のうちに自然に治って、血尿がみられなくなります。
これは遺伝性であることが多く、小児が無症候性血尿である場合は、家族の誰かも無症候性血尿を経験していることがあります。


無症候性血尿による小児の影響
無症候性血尿となると一般的に血尿だけで、排尿痛や発熱などはみられません。
血尿だけで他に症状が見られないのですが、万が一のことを考えて子供に血尿が見られる場合は医師に必ず診てもらってください。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
小児の尿異常一覧
  1. 特発性ネフローゼ症候群(小児の症状・治療) 
  2. 無症候性血尿(小児の症状) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル