小児の病気 モバイルトップ > 小児の便秘 先天性巨大結腸症(小児の症状・治療)

小児の便秘


先天性巨大結腸症(小児の症状・治療)




先天性巨大結腸症って?
先天性巨大結腸症はヒルシュプリング病とも呼ばれ、腸壁にある神経細胞が一部欠損することで、腸内運動がうまく行えない病気です。
そのため早期発見が大切な病気ですので出生後、小児の排便に異常がある場合は医師に診てもらいましょう。

なお、先天性巨大結腸症は出生後1週間で発見されることが多いです。
浣腸すると便が飛び出すような特徴的な状態がみられます。


先天性巨大結腸症による小児の症状
便秘や腹部のふくらみ、発育不全といった形でみられます。
腸がうまく機能していないので便秘がおこり、機能しない腸が狭くなって便が詰まるので、腹部にふくらみがみられるのです。

先天性巨大結腸症は直腸からS字状の結腸にかけて起こる場合が多いと言われています。

小児の先天性巨大結腸症の治療
神経細胞が欠損している部分の腸を切り取る手術を行います。
切り取る部分が短いときは人工肛門をつけませんが、必要な場合は人工肛門をつけます。
早期発見して早期治療が大切な病気です。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
小児の便秘一覧
  1. 肛門裂傷(小児の症状・治療) 
  2. 先天性巨大結腸症(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル