小児の病気 モバイルトップ > 小児の便秘 肛門裂傷(小児の症状・治療)

小児の便秘


肛門裂傷(小児の症状・治療)




肛門裂傷って?
肛門裂傷とは肛門の粘膜に傷がつくことです。
小児の肛門裂傷は、硬い便によって肛門が傷つくことが原因です。

便秘になりやすい子供は硬い便になりやすいので、肛門裂傷になる可能性も高くなります。

子供が便秘になっている場合は、食生活を見直して食物繊維の多い食事などを考えてみましょう。


肛門裂傷による小児の影響
排便時に痛みを伴うので、子供が排便を嫌がってしまいます。
そうなると便秘となって、症状をますます悪化させる原因となります。

また肛門裂傷になると、肛門に近い部分から出血するため、血便が見られることがあります。

小児の肛門裂傷の治療や対策
小児の便秘が原因で肛門裂傷が起きている場合は、食物繊維の多い食生活に見直してみましょう。
また決まった時間に排便の習慣をつけさせることも有効です。

肛門裂傷がおきている部分は軟膏やベビーオイルで傷口を保護します。
小児の便秘が長期化したり、排便が非常に困難な場合は医師に診てもらってください。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
小児の便秘一覧
  1. 肛門裂傷(小児の症状・治療) 
  2. 先天性巨大結腸症(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル