小児の病気 モバイルトップ > 小児の腹痛 過敏性腸症候群(小児の症状・原因・治療)

小児の腹痛


過敏性腸症候群(小児の症状・原因・治療)




過敏性腸症候群って?
過敏性腸症候群とは、慢性的に下痢や便秘などの症状が続く病気で、腸が弱いという人の大部分が過敏性腸症候群に当てはまると言われています。
特に子供の場合は、小学生や中学生に多いといわれています。

過敏性腸症候群自体は心配する病気ではありませんが、過敏性腸症候群を持つ人にとって慢性的な下痢や便秘などは日常生活での悩みの種となります。


過敏性腸症候群による小児の症状
下痢、便秘、腹痛が主な症状です。
症状には便秘型、下痢型、便秘&下痢型に分類されます。
男の子は下痢型が多く、女の子は便秘型が多いといわれています。

腹痛症状は排便すると軽くなります。
その他の症状には、腸にガスがたまる、お腹が張る、めまい、倦怠感、不眠なども引き起こします。

過敏性腸症候群の原因
過敏性腸症候群の原因は、はっきりと明らかになっていません。
しかし、ほとんどがストレスによるものです。

その他には食物アレルギーや消化管運動の異常が原因であることもあります。
さらに、香辛料やコーヒーといった刺激物の摂り過ぎや、乳製品なども症状を悪化させるといわれています。

小児の過敏性腸症候群の治療
小児の過敏性腸症候群の原因を取り除くことが最も大切です。
特に根治的な治療法はないので、下痢・腹痛を抑える薬を使用したりします。

子供のストレスを取り除く、刺激のある食べ物を食べさせない、といった日常生活での注意を心がけることが大切です。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
小児の腹痛一覧
  1. 胃潰瘍・十二指腸潰瘍(小児の症状・治療・原因) 
  2. 先天性水腎症(小児の症状・治療) 
  3. 過敏性腸症候群(小児の症状・原因・治療) 
  4. 急性胃腸炎(小児の症状・治療) 
  5. 細菌性食中毒(小児の症状や潜伏期間) 
  6. 腸重積症(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル