小児の病気 モバイルトップ > 小児の腹痛 胃潰瘍・十二指腸潰瘍(小児の症状・治療・原因)

小児の腹痛


胃潰瘍・十二指腸潰瘍(小児の症状・治療・原因)


胃潰瘍・十二指腸潰瘍は子供にも起こります。
便の状態がタール便や黒色便のときや、吐き気、嘔吐、吐血などが見られる場合は、小児の胃潰瘍・十二指腸潰瘍の可能性があります。


胃潰瘍・十二指腸潰瘍って?
胃潰瘍や十二指腸潰瘍は患部の粘膜や筋肉がえぐられて傷つく状態です。

よく起こる胃の病気の1つで、胃潰瘍が40代,50代の男性に、十二指腸潰瘍が20代~40代の男性に多いです。

一般的に再発しやすいのですが、小児の胃・十二指腸潰瘍の場合は再発が少ないといわれています。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状の特徴は、みぞおち付近の痛みが特徴的ですが、人によって痛みには個人差があります。

小児の胃・十二指腸潰瘍の症状
腹痛、吐血、下血、吐き気、嘔吐など
おなかの痛みがありますが、小児に起きた場合はその痛みをうまく親に伝えることができないかもしれません。親がちょっとした異常に気がつくことが大切です。

また、胃・十二指腸潰瘍を繰り返すと将来ガンを引き起こす可能性もあります。

小児の胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因
大きな要因はストレスであると言われており、ストレスによって胃や十二指腸内のバランスが崩れ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍となります。

小児の胃・十二指腸潰瘍の治療
主に食事療法で行われ、胃酸の分泌を抑える薬も使用されます。 そして小児の胃潰瘍や十二指腸潰瘍の食事療法では、次のことがポイントになります。

☆控えること
1.食べ過ぎ
2.消化が良くない食べ物を食べる
3.コーヒー、炭酸飲料水を飲む
4.塩辛いもの、酸味が強い食べ物を食べる
5.熱すぎる、または冷たすぎる食事をする

☆胃潰瘍や十二指腸潰瘍の食事で心がけること
1.消化にいい食べ物を食べる
2.ビタミンが豊富な果物などを食事に入れる
3.タンパク質を豊富に摂取する

なお、ピロリ菌が原因である場合は抗生物質で治療します。
プライバシーポリシー
↑このページのトップへ
小児の腹痛一覧
  1. 胃潰瘍・十二指腸潰瘍(小児の症状・治療・原因) 
  2. 先天性水腎症(小児の症状・治療) 
  3. 過敏性腸症候群(小児の症状・原因・治療) 
  4. 急性胃腸炎(小児の症状・治療) 
  5. 細菌性食中毒(小児の症状や潜伏期間) 
  6. 腸重積症(小児の症状・治療) 

↑このページのトップへ
© 小児の病気 モバイル