小児の病気-子供のために-トップ > 小児の尿・便検査小児の尿中ケトン体・尿蛋白検査

小児の尿中ケトン体・尿蛋白検査

尿中ケトン体検査とは?

ケトン体検査は、主に糖の供給状態や糖コントロールの状態を調べます。
普段は体内にはケトン体はほとんど存在しませんが、何らかの異常で糖をエネルギー源として得ることができなくなると、糖の代わりにケトン体が増加します。

尿蛋白検査とは?

尿タンパクとは、尿中に含まれているタンパク質のことです。
尿タンパクを調べることで小児の腎臓や尿路の異常を調べます。健康な子供は尿中にはタンパク質が出ることはありません。
蛋白質であるアルブミンの測定では、糖尿病性腎症の検査に有効です。


スポンサードリンク

小児の尿中ケトン体・尿蛋白検査は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .