小児の病気-子供のために-トップ > 小児の尿・便検査小児の尿量検査・尿比重検査

小児の尿量検査・尿比重検査

尿量検査とは?

尿量検査とは24時間蓄尿とも呼ばれ、1日の尿量を測定する検査です。尿の量を測定するとともに排尿回数や尿の色、臭い、浮遊物、沈殿物なども細かくチェックします。

尿量検査での小児の異常値

乏尿‥尿量が1日に200〜250mL以下
多尿‥尿量が1日に2000mL以上
小児が多尿で考えられる病気としては中枢性尿崩症、腎性尿崩症、糖尿病、心因性多飲等があります。

尿比重検査とは?

尿比重検査とは尿の比重を測定する検査です。
尿比重検査で尿の濃さ、腎臓の能力がわかります。 尿比重検査の測定方法には、試験紙で調べる方法、尿中に浮きのようなものを浮かべて比重を測定する方法、プリズムに尿を滴下して比重を測定する方法があります。

尿比重検査での小児の基準値

小児の尿比重の基準値は1.002〜1.030です。


スポンサードリンク

小児の尿量検査・尿比重検査は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .