小児の病気-子供のために-トップ > 小児の尿・便検査小児の尿浸透圧・尿pH検査

小児の尿浸透圧・尿pH検査

尿浸透圧とその基準値

尿浸透圧とは、腎臓による尿濃縮・希釈機能を調べるときに用いられ、急性腎不全の原因診断に参考になります。
新生児の浸透圧‥35〜700mOsm/kgH2O
2歳以降の小児の浸透圧‥50〜1400mOsm/kgH2O

尿pHとその基準値

小児の尿pHの基準値は4.5〜8.5になります。
小児が代謝性・呼吸性アルカローシスの場合は尿pHは高くなり、代謝性・呼吸性アシドーシスの場合は逆に尿pHは低くなります。


スポンサードリンク

小児の尿浸透圧・尿pH検査は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .