小児の病気-子供のために-トップ > 血液・がん -小児の病気-敗血症(小児の症状・治療)

敗血症(小児の症状・治療)

肺血症とは?

敗血症とは血液に細菌が感染する病気です。
細菌が血液に感染する原因は様々で、化膿症、扁桃炎、肺炎、中耳炎等によって細菌が感染することがあります。

普通は免疫力によって血液に感染しませんが、疲労や病気などによって免疫力が弱くなったときに感染しやすくなります。

肺血症による小児の症状

高熱、悪寒、吐き気、嘔吐、尿量減少など様々な症状があらわれます。
血液中の細菌が様々な臓器に影響を及ぼすため、早めの受診が必要です。

小児の敗血症の治療

血液検査で原因となる細菌を検査した後、その原因菌に対する抗生物質を使用します。
また敗血症の原因となった病気がある場合は、その病気の治療も行われます。


スポンサードリンク

敗血症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .