小児の病気-子供のために-トップ > 血液・がん -小児の病気-DIC(新生児の症状・治療)

DIC(新生児の症状・治療)

DICとは?

DICとは播種性血管内凝固とも呼ばれ、重症感染症・低酸素症・分娩合併症・アシドーシス・末梢循環不全などの基礎疾患があるときに、血管内で血液凝固反応が起きて血栓が作られる病気です。
血管内で血栓が形成されるために、血小板や凝固因子が消費されるために止血困難などの症状が起きたり、血栓による影響もみられます。

DICによる新生児の症状

新生児の初期症状としては止血困難や皮下出血などがあり、症状が進行すると臓器出血、出血性ショックや血栓による循環障害から多臓器不全が突然発症する可能性もあります。
このような状態では、血小板・フィブリノーゲンなどが減少していて、赤血球の変形などがみられます。

DICの治療

DICの治療では、まず基礎疾患を治療することが大切で、同時に凝固療法や交換輸血などによる補充療法などが用いられます。


スポンサードリンク

DIC(新生児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .