小児の病気-子供のために-トップ > 皮膚 -小児の病気-水いぼ(小児の症状・治療)

水いぼ(小児の症状・治療)

水いぼとは?

水いぼは伝染性軟属腫ともよばれ、皮膚がウイルスに感染することで発症します。
このウイルスは感染力が強いので、保育園で小児の誰かが感染していると、みんなに広がっていく可能性があります。
なお、水いぼは、4歳〜7歳の小児がかかりやすいです。

水いぼによる小児の症状

小児が水いぼになると、1mm以上の丸いプツプツができて、つぶすと白い液体が出てきます。
この液体の中にも水いぼを発生させるウイルスがいますので、液体が周辺に付着するとに水いぼが広がっていきます。
痛みやかゆみは特にありません。

小児の水いぼの治療

水いぼは自然治癒しますが、そのままでは治るのに時間がかかります。
そのため、小児科や皮膚科で診てもらうことが大切です。

治療には水いぼの根元をピンセットでつまむ治療があります。つまんで水いぼを治療する方法は少し痛みがあって小児が泣き出すかもしれませんが、有効な治療法です。


スポンサードリンク

水いぼ(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .