小児の病気-子供のために-トップ > 皮膚 -小児の病気-脂漏性湿疹(小児の症状・治療)

脂漏性湿疹(小児の症状・治療)

脂漏性湿疹とは?

脂漏性湿疹とは、皮膚から分泌される脂肪分が皮膚の表面を覆うことで、カサブタのような湿疹ができる状態をいいます。

皮膚には脂腺があって、脂肪分がそこから分泌されます。赤ちゃんは特に男性ホルモンの分泌がさかんであるため、脂肪分の分泌がさかんになって脂漏性湿疹が起こりやすいです。

脂漏性湿疹による小児の症状

顔や頭に、黄色いフケのようなものが付着して、それが徐々に広がってカサブタのようになります。
脂漏性湿疹にはかゆみがありませんが、洗っても取れなくなって異臭をはなつことがあります。

小児の脂漏性湿疹の治療

小児によく見られますが、毎日シャンプーや体を洗うことで、脂肪分を洗い流しましょう。
脂肪分の付着がひどい場合は、丁寧にゆっくりとはがしていきます。
炎症を起こしている場合は、抗ヒスタミンやステロイド薬で炎症を抑えます。


スポンサードリンク

脂漏性湿疹(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .