小児の病気-子供のために-トップ > 皮膚 -小児の病気-あせも(小児の症状・治療)

あせも(小児の症状・治療)

あせもとは?

あせもとは汗が出てくる汗腺に炎症が起きて、赤いぶつぶつができる状態をいいます。
小児の場合は新陳代謝が活発で、汗をかきやすいため大人よりもあせもになりやすいです。
あせもができる原因ですが、皮膚の表面に汗が覆うことで、皮膚の角質やホコリで汗腺つまって炎症を起こします。

あせもによる小児の症状

あせもは、汗が発生しやすい汗腺が密集したところに発生しやすいです。
主に赤いブツブツができてかゆみが生じます。

オムツをしている小児の場合はおしりにもできやすいです。

小児のあせもの治療

治療は小児科や皮膚科で受診します。
症状が軽い場合は日常生活で清潔に保つだけでいいですが、薬を使ったあせもの治療には非ステロイド系の塗り薬や抗生物質を使用して治します。

家では、小児が汗をかいたらシャワーを浴びたりして汗を洗い流して、汗をかかないような湿度と温度を保つことがあせもを予防に有効です。


スポンサードリンク

あせも(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .