小児の病気-子供のために-トップ > 皮膚 -小児の病気-接触性皮膚炎(小児の症状・治療)

接触性皮膚炎(小児の症状・治療)

接触性皮膚炎とは?

接触性皮膚炎とはいわゆる「かぶれた」というもので、何かに触ることで皮膚が赤くなったり、ブツブツができる状態をいいます。

この接触性皮膚炎には、主に刺激性接触性皮膚炎とアレルギー性接触性皮膚炎があります。
刺激性接触性皮膚炎の場合は刺激のある物質(強い酸性物質など)が皮膚に付着することで起こる皮膚炎です。
アレルギー性皮膚炎は、その人にとってアレルギー反応を起こすものが皮膚に付着して、炎症を起こす皮膚炎です。

接触性皮膚炎による小児の症状

接触性皮膚炎による小児の症状には、皮膚に炎症が起きて痛み、かゆみ、赤くなる、ブツブツなどがおこります。

小児の接触性皮膚炎の治療

原因となるものが明らかな場合は、その原因となる物質に小児が触れないようにします。

原因がよくわからない場合は、小児にあらわれた症状に対する治療が行われます。具体的にはステロイド外用薬で炎症を抑えたり、かゆみ止めを使用したりします。


スポンサードリンク

接触性皮膚炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .