小児の病気-子供のために-トップ > 喉・口 -小児の病気-口内炎(小児の症状・治療)

口内炎(小児の症状・治療)

口内炎とは?

口内炎とは口粘膜に起こる炎症のことをいいます。
口内炎はいろいろな原因で起こり、アレルギー、ビタミン欠乏、細菌やウイルスの感染など様々です。

小児は大人よりも唾液の分泌が弱く、口粘膜も弱いため、小児の方が口内炎を起こしやすいです。

口内炎による小児の症状

口内炎による小児の症状はさまざまで、口内炎の原因によって異なってきます。

例えば、コクサッキーウイルスによるウイルス性口内炎の場合は、小児に高熱があらわれて、食欲不振、嘔吐、腹痛、頭痛、喉の奥の水ぶくれなどの症状があります。

ヘルペス口内炎は1歳からの小児がかかりやすいです。
高熱、口の中の潰瘍がひどくなり、口の中の痛みで食べ物を食べられないような小児の症状がみられます。

手足口病といわれるウイルスが原因で起こる口内炎は4歳〜5歳の小児に多く、口の中のあちこちに水疱ができて、その後敗れて潰瘍となります。

小児の口内炎の治療

ウイルス性口内炎は根本的な治療法がありませんので、対症療法で治療します。 1週間ほどで治るといわれています。

小児が脱水症状にならないように、注意して栄養価の高いものを食べさせるようにしましょう。


スポンサードリンク

口内炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .