小児の病気-子供のために-トップ > 喉・口 -小児の病気-単純ヘルペス

単純ヘルペス

単純ヘルペスとは?

単純ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって発病します。

ただし、体にヘルペスウイルスを持っていても普通は症状を表しません。
それは、体が免疫力を持っているためで、ウイルスの働きを抑えているからです。
発症するのは、疲労やストレスなどによって免疫力が低下したとき起こり、再発を繰り返す特徴を持ちます。

単純ヘルペスによる小児の症状

昔は1歳から5歳のころのほとんどの小児が感染していましたが、今は少ないようです。
小児の単純ヘルペスは主に口にできるヘルペス口内炎です。
この場合、小児の主な症状は38℃以上の高熱、口の中の潰瘍、歯ぐきの腫れ、そして強い痛みを感じます。

小児の単純ヘルペスの治療

小児がヘルペス口内炎を起こしている場合は、軟膏や内服薬で痛みを抑えたり、解熱薬、抗ウイルス薬を使用します。
口の痛みがとても強いので、小児にはかまないですむような食べ物を食べさせるようにしましょう。


スポンサードリンク

単純ヘルペスは以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .