小児の病気-子供のために-トップ > 耳・鼻 -小児の病気-難聴(小児の症状・治療)

難聴(小児の症状・治療)

難聴とは?

難聴とは耳の聞こえがよくない状態をいいます。
難聴は両耳に起こるとは限りません。両耳に起こることもあれば、片耳だけの場合もあります。

難聴には先天的な難聴と後天的な難聴があります。
先天的な難聴には中耳奇形、外耳道閉鎖、風疹による影響などがあります。
後天的な難聴には滲出性中耳炎、慢性中耳炎、アデノイド肥大症、髄膜炎などがあります。

難聴による小児の症状

難聴は耳の聞こえが悪くなりますので、音に対する小児の反応が鈍くなります。

例えば大きな音がしても、泣いたり、ビクッとしたりする反応が見られないことがあります。
小児が耳の聞こえが悪いと訴えることはありませんので、小児が音に反応しないことを親が気付く必要があります。

小児の難聴の治療

小児が難聴かなと親が感じた場合は、小児科や耳鼻咽喉科で診てもらってください。

小児の難聴の治療には、聞こえ悪さを補う補聴器をつけて、聞き取る訓練や話す訓練を行います。
この訓練は開始が早ければ早いほどよいといわれています。

家でも補聴器をつけて様々な音を小児に聞かせるようにすることが大切です。


スポンサードリンク

難聴(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .