小児の病気-子供のために-トップ > 骨関節 -小児の病気-肘内障(小児の症状・治療)

肘内障(小児の症状・治療)

肘内障とは?

肘内障とは、肘関節が抜ける状態を肘内障といいます。
大人より小児の方が肘内障がおきやすく、腕を強く引っぱったりねじったりすることで、肘関節が抜けてしまう可能性があります。
肘内障となると関節が外れるので腕がだらんとぶら下がった状態になります。

肘内障による小児の症状

肘内障では痛みを伴うことが多いです。
そのため、小児が痛みで泣き出したりします。

また、腕がだらんとした状態になって伸びきった状態になります。
このような症状が見られた場合はすぐに病院に行って、治療する必要があります。

小児の肘内障の治療

治療は小児科や整形外科で行われます。
肘内障が治るまでは、腕をなるべく動かさないようにすることが大切です。
小児の肘内障の治療は整復(骨をもどすこと)することで治ります。
ただ、整復で治してもらった後も、小児の腕や手をひっぱることは注意しておこないましょう


スポンサードリンク

肘内障(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .