小児の病気-子供のために-トップ > 骨関節 -小児の病気-斜頸(小児の症状・治療)

斜頸(小児の症状・治療)

斜頸とは?

斜頸とは小児の首のわきの筋肉にしこりができて、しこりと反対側に顔を向ける状態をいいます。
このしこりは生後数日で見られはじめ、しだいに大きくなっていきます。
しかし、生後3週間を過ぎたあたりから徐々に小さくなって、最終的には自然消滅します。

斜頸による小児の症状

斜頸になると生後数日の赤ちゃんが、しこりとは反対側に常に顔を向けるようになります。
特に痛みは無いようですが、同じ方向に顔を向けることで、小児の顔の形が変形する可能性があります。

小児の斜頸の治療

斜頸の相談は、小児科や整形外科で行います。
1歳までに自然と治るため特に治療はありませんが、顔の形が変形する可能性がありますので、日常生活での予防・対策法を知っておく必要があります。
予防・対策法は実際に医師と相談してください。

なお、小児が1歳が過ぎても斜頸が治らないことがあります。
このような場合はしこりの筋肉の筋を切る手術を行うこともあります。


スポンサードリンク

斜頸(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .