小児の病気-子供のために-トップ > 目 -小児の病気-さかさまつげ(小児の症状・治療)

さかさまつげ(小児の症状・治療)

"さかさまつげ"とは?

”さかさまつげ”はまつ毛が内向きに生えていることをいいます。
赤ちゃんの場合は、まぶたの筋肉の弱いために"さかさまつげ"が起こることがあります。
しかし、小児が1歳を過ぎるころにはだんだんと治ってくるのが一般的です。

"さかさまつげ"による小児の症状

小児がさかさまつげになっていると目を触ろうとしてしまいます。
小児のまつ毛はやわらかく、目が傷つきにくいいですが、結膜炎による目の充血、目やにを引き起こすことがあります。

小児の"さかさまつげ"の治療

小児が1歳を過ぎるころには徐々にさかさまつげが治っていきますが、なかなか治らない場合は内向きに生えるまつげを外向きに変える手術を行います。
小児が結膜炎を起こしている場合はその治療をおこないます。


スポンサードリンク

さかさまつげ(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .