小児の病気-子供のために-トップ > 目 -小児の病気-弱視(小児の症状・治療)

弱視(小児の症状・治療)

弱視とは?

小児の視力は生まれつきよいわけではありません。
生後6ヶ月の赤ちゃんで0.04〜0.08で、徐々に視神経が発達して見えるようになってきます。

ところが、この視力が成熟する途中で、ケガや目の病気などで視神経などの発達がストップすると、弱い視力のままになります。
これを弱視といいます。

弱視には斜視弱視、不同視弱視、屈折弱視、形態覚遮断弱視などがあります。

弱視による小児の症状

ものがよく見えないのが大きな弱視の症状です。
小児がものに目をくっつけるようにしてを見たり、横目で見たりといった行動があらわれます。

小児の弱視の治療

小児の弱視の治療は早期治療が大事です。
弱視の治療は6、7歳以降になると治療の効果が期待できないといわれているため、6歳以前の小児のときに治療することが大切です。

小児の弱視の治療には視能訓練士による目の訓練や、めがねや眼帯による矯正などがあります。
また、斜視の場合は斜視の手術、眼瞼下垂の場合はまぶたを下げる手術なども行われます。


スポンサードリンク

弱視(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .