小児の病気-子供のために-トップ > 目 -小児の病気-斜視(小児の症状・治療)

斜視(小児の症状・治療)

斜視とは?

左右の目はあるものを見るときは同じ方向に視線が向きます。
しかし、斜視の場合は片方はあるものの方向に向いているのに、もう片方の目が別の方向に向いている状態です。
斜視の原因は目の筋肉や神経に異常があって起こったり、遠視が強いためにおこることもあります。

斜視による小児の症状

斜視には、内斜視、外斜視、上下斜視があります。
内斜視とは黒目が内側によるもので、外斜視は黒目が外側に、上下斜視は黒目が上下による症状です。

この中でも3歳以上の小児に多いのが外斜視や上下斜視です。
斜視だと主に片方の目に頼ることになりますので、小児の使わない斜視の目の視力が低下したり、ものの見え方(遠近感など)が違ってくるようになります。

小児の斜視の治療

小児の斜視の治療は眼科で診てもらいます。
眼科では様々な検査を行って、原因に応じた治療が行われます。
遠視が原因の場合は主に眼鏡をかけることです。
その他の治療方法には手術を行うことがあります。


スポンサードリンク

斜視(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .