小児の病気-子供のために-トップ > 目 -小児の病気-流行性結膜炎(小児の症状・治療)

流行性結膜炎(小児の症状・治療)

流行性結膜炎とは?

流行性結膜炎とは目の結膜に炎症が起きる病気で、主に充血と目やにがみられます。
結膜炎はウイルス、細菌、アレルギー物質などが原因となりますが、流行性結膜炎の場合はウイルス感染による結膜炎をいいます。

流行性結膜炎を引き起こすウイルスにはアデノウイルス8型、19型、37型があり、感染してから約一週間の潜伏期間があります。

なお、ウイルス感染による結膜炎には急性出血性結膜炎、結膜咽頭炎(プール熱)などもあります。

流行性結膜炎による小児の症状

充血、目やに、まぶたの腫れ、耳の前のリンパ節の晴れ、異物感、流涙など。

細菌性結膜炎よりも症状が重く目が真っ赤になります。
小児が流行性結膜炎になった場合は、白く濁った膜(偽膜)がまぶたの裏側に発生したり、黒目の角膜に炎症が起きることもあります。

小児の流行性結膜炎の治療

小児の流行性結膜炎の治療は小児科や眼科で行います。

流行性結膜炎はウイルスが原因なので、細菌性結膜炎のように抗生物質が効きません。
そのため炎症を抑えるステロイド薬の点眼と、免疫力低下による細菌感染対策に抗菌薬の点眼を小児に行います。
小児の結膜に白い膜(偽膜)が生じた場合は、回復に伴って自然に取れますが、取れない場合はピンセットで取り除かれます。


スポンサードリンク

流行性結膜炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .