小児の病気-子供のために-トップ > 目 -小児の病気-未熟児網膜症(小児の症状・治療)

未熟児網膜症(小児の症状・治療)

未熟児網膜症とは?

未熟児網膜症とは、未熟児に多く見られる非炎症性で線維性の網膜症です。特に在胎週数32週以前で1500g以下の低出生体重時に対しては未熟児網膜症のリスクが高くなります。
また、呼吸管理、酸素濃度、輸液量、ミルク量、輸血なども未熟児網膜症との関連性があると言われています。

未熟児網膜症による小児の症状

未熟児網膜症による小児の症状は眼底に現れれるために、外からの見た目で網膜症を予測することは難しいです。そのために発見するには眼底検査が必要です。
なお、眼底検査は初回が生後3週間が妥当で、以後は週に1〜2回の検査が必要になります。

未熟児網膜症の治療

未熟児網膜症の治療では網膜剥離や後水晶体増殖章を防止することが大切で、そのために網膜光凝固法と冷凍凝固法などの治療法が用いられます。
光凝固法では眼球内にレーザー光を直接入れる方法で、冷凍凝固法では眼球壁外側を-70℃に冷却する方法です。


スポンサードリンク

未熟児網膜症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .