小児の病気-子供のために-トップ > 泌尿器系 -小児の病気-陰のう水腫(小児の症状・治療)

陰のう水腫(小児の症状・治療)

陰のう水腫とは?

陰のう水腫とは、睾丸の外側に滲出液といわれる液体が溜まる病気で、陰のうにふくらみが見えます。

一般的に生まれる前の赤ちゃんの段階で、腹膜のある部分が閉じられるのですが、陰のう水腫では閉じられず、腹腔内から滲出液が流れ込んできます。

陰のう水腫による小児の症状

小児の陰のうにふくらみが見られますが、痛みはありません。
この陰のうのふくらみは、たいていの場合片側におこります。

小児の陰のう水腫の治療

小児の陰のうのふくらみは、ほとんどの場合、1歳までには滲出液が体に吸収されて自然と治ります。
自然に治ることが多いですが、中には鼠径ヘルニアを合併している可能性がありますので、小児科で必ず診てもらって下さい。

なお、小児の陰のふくらみが治らない場合は、手術で腹腔との境目を閉じたり、滲出液を抜くことがあります。


スポンサードリンク

陰のう水腫(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .