小児の病気-子供のために-トップ > 泌尿器系 -小児の病気-陰嚢水瘤(検査・治療)

陰嚢水瘤(検査・治療)

陰嚢水瘤とは?

陰嚢水瘤とは陰嚢ないに無菌の液体が過度に溜まって腫大する病気で、小児の陰嚢水腫は交通性陰嚢水瘤と呼ばれます。
交通性陰嚢水瘤では立った時では腹水で満たされますが、横になると空になります。通常は痛みがありませんが、疼痛や不快感を訴えることもあります。

陰嚢水瘤の検査

陰嚢水瘤の診断には触診、透光性の確認、超音波検査などがあります。

陰嚢水瘤の治療

陰嚢水瘤の治療には手術がありますが、2歳までに自然治癒する可能性もあります。なお、1〜2年経過しても陰嚢水腫が自然治癒しない場合は、自然治癒する可能性が低いために手術を行うことが多いです。


スポンサードリンク

陰嚢水瘤(検査・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .