小児の病気-子供のために-トップ > 脳・神経 -小児の病気-もやもや病(小児の症状・治療)

もやもや病(小児の症状・治療)

もやもや病とは?

もやもや病とは、ウィリス動脈輪閉鎖症とも呼ばれる病気で日本に多い病気です。
もやもや病は脳血流へと流れる動脈の閉塞によって、もやもや病の患者は細い側副血行路が発達しています。
脳血管撮影で細い側副血行路が発達している様子から、もやもや病と名付けられました。

もやもや病による小児の症状

もやもや病では脳血流へと流れる動脈が閉塞することによって、大脳は循環不全になって脳梗塞を引き起こします。そのほか小児期には、一過性脳虚血などの症状がみられます。
また、過呼吸時に手足の痺れや一過性虚血に関した症状が起こりやすくなります。

もやもや病の治療

もやもやびょうの治療では外科的手術が行われます。手術では血管吻合術や側頭筋片の移植手術などが行われます。
なお、もやもや病の検査ではMRIがよく使われます。


スポンサードリンク

もやもや病(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .