小児の病気-子供のために-トップ > 脳・神経 -小児の病気-水頭症(小児の症状・原因・治療)

水頭症(小児の症状・原因・治療)

水頭症とは?

水頭症とは、頭蓋内にある脳脊髄液のスペースが拡大し、頭蓋内圧が上昇して圧迫することで、脳実質の障害を引き起こす状態をいいます。

脳脊髄液のスペースが大きくなる原因は、脳脊髄液は本来脳表で吸収されるのですが、吸収障害が起きたり流路障害が起きることで、脳脊髄液が溜まって水頭症となります。
そのため、早めの治療が大切です。

水頭症の原因と種類

水頭症の原因は、吸収されるの脳髄液が、脳表で吸収障害が起きたり、脳髄液の流路障害が起きることが原因となります。

先天的にまたは脳室内出血や脳腫瘍などで脳髄液の流路が閉鎖した場合の水頭症を非交通性水頭症と呼び、脳表での吸収に障害がある場合は交通性水頭症と呼ばれます。

水頭症による小児の症状

水頭症による小児の症状として、乳児の場合は大泉門の膨隆や頭の拡大がみられます。また骨縫合の閉鎖後の小児の症状として嘔吐、頭痛、外転神経麻痺、視神経障害、痙性麻痺などの症状がみられます。

水頭症の治療

水頭症の治療にはシャント術という治療で行われます。シャント術とはチューブをつかって脳脊髄液を腹腔へ導く方法で、その後も急性水頭症の注意を払う必要があります。
なお、水頭症の検査にはCTスキャンによる検査が行われます。


スポンサードリンク

水頭症(小児の症状・原因・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .