小児の病気-子供のために-トップ > 消化器 -小児の病気-噴門弛緩症(小児の症状・治療)

噴門弛緩症(小児の症状・治療)

噴門弛緩症とは?

噴門弛緩症とは胃の入り口(噴門)の筋肉が緩んでいるため、食べたものが逆流しやすい病気です。噴門は1歳ぐらいの小児になると筋肉のしまりがよくなるため、自然に治っていきます。

噴門弛緩症による小児の症状

噴門弛緩症の場合は、噴門の筋肉がゆるいために体を動かしたりすると、飲んだものを吐いてしてしまします。

小児の噴門弛緩症の治療

噴門弛緩症は、小児が成長するにつれ噴門のしまりがよくなって治ってきます。
そのため、噴門弛緩症の場合はミルクなどをゆっくりあげたり、逆流を防ぐような姿勢にさせるような工夫が大切になります。
吐いた場合は、嘔吐物で小児が窒息をしないように注意してください。


スポンサードリンク

噴門弛緩症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .