小児の病気-子供のために-トップ > 消化器 -小児の病気-臍ヘルニア(小児の症状・治療)

臍ヘルニア(小児の症状・治療)

臍ヘルニアとは?

臍ヘルニアとは"でべそ"とも呼ばれ、おへその舌の穴に腸などが入り込んだ状態をいいます。
おへその穴は時間が経過すると閉じていくのですが、閉じるまえの穴に腸などの臓器が入り込むことで臍ヘルニアとなります。

臍ヘルニアによる小児の症状

臍ヘルニアによる小児の症状には、おへそのふくらみが特徴で、痛みはみられません。

小児の臍ヘルニアの治療

臍ヘルニアは、小児の成長に従って自然と元に戻り、2歳ぐらいの小児になるとおへそのでっぱりがほとんどわからなくなります。
臍ヘルニアがなかなか治らない場合は手術で治すことも可能です。


スポンサードリンク

臍ヘルニア(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .