小児の病気-子供のために-トップ > 消化器 -小児の病気-幽門狭窄症(小児の症状・治療)

幽門狭窄症(小児の症状・治療)

幽門狭窄症って?

幽門は胃と十二支中の境目にある部分をいいます。
幽門狭窄症は筋肉の厚みで幽門が狭くなる病気で、胃の消化物が十二指腸に流れづらくなってしまいます。

生まれつきの場合が多いですが、原因ははっきりとわかっておらず、200人に1人の割合で起こるいわれています。

幽門狭窄症による小児の症状

赤ちゃんの胃はまだ未熟であるため、幽門狭窄症になると嘔吐が激しくなります。
勢いのある嘔吐で、何度も繰り返してしまいます。

その結果、栄養摂取が不十分となり体重が減少することがあります。

小児の幽門狭窄症の治療

幽門狭窄症の治療は手術でおこないます。
手術では狭い幽門を広げる手術を行い、後遺症はありません。
1週間程度の入院ですが、手術は1時間ぐらいです。


スポンサードリンク

幽門狭窄症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .