小児の病気-子供のために-トップ > 消化器 -小児の病気-門脈圧亢進症(小児の症状・治療)

門脈圧亢進症(小児の症状・治療)

門脈圧亢進症とは?

門脈とは消化管から肝臓へ流れる血管で、この門脈圧上昇している状態を門脈圧亢進症と呼びます。

そして、その病因には肝外性と肝内性に分類されます。肝外性の原因には、特発性門脈閉塞、肝外門脈閉塞、肝上部・肝部下大静脈閉塞症などがあり、肝内性の原因には肝硬変、肝線維症などがあります。

門脈圧亢進症による小児の症状

門脈亢進症による小児の症状には、食道静脈瘤からの出血による吐血や下血、貧血、血小板減少、白血球減少などが起こります。
なお、食道静脈瘤による出血では大量の吐血であるためショック状態に陥ることも多いといわれています。小児の症状は発育とともに悪化して、栄養障害がみられます。

門脈圧亢進症の治療

門脈圧亢進症による静脈瘤の出血では、輸血、止血薬の投与、食道バルーンによる圧迫止血などで治療されます。緊急手術には、食道離断術や傍食道下部切除術などがあります。


スポンサードリンク

門脈圧亢進症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .