小児の病気-子供のために-トップ > 消化器 -小児の病気-先天性胆道拡張症(小児の症状・治療)

先天性胆道拡張症(小児の症状・治療)

先天性胆道拡張所とは

先天性胆道拡張症とは先天的に胆道が拡張する病気です。先天性胆道拡張症の発生は数千人〜1万人に1人の割合で、女児に多い病気です。
欧米には少ないですが、日本に多い病気で乳幼児期に好発するといわれています。

先天性胆道拡張症による小児の症状

先天性胆道拡張症による小児の症状には、腹部腫瘤、黄疸、腹痛が三大特徴ですが、全てあらわれることはまれです。その他には黄疸、発熱、灰白色便などがみられます。

先天性胆道拡張症の治療

治療には外科的治療が行われます。


スポンサードリンク

先天性胆道拡張症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .