小児の病気-子供のために-トップ > 消化器 -小児の病気-腹膜炎(小児の症状・治療)

腹膜炎(小児の症状・治療)

腹膜炎とは?

腹膜炎とは、腹腔を覆っている腹膜(内臓と腹壁の一部を覆っている薄い膜)に炎症が起きる状態で、急性腹膜炎と慢性腹膜炎があります。

小児の場合は細菌性の腹膜炎で急性のものが多く、適切な診断や治療がなされないと敗血症性ショック、DIC、多臓器不全などを併発する可能性があります。
腹膜炎のの原因は細菌性の他に、胆嚢炎や憩室炎などから広がって腹膜炎を起こしたり、内臓破裂、膵液の漏出などが刺激となって腹膜炎をおこすことがあります

腹膜炎による小児の症状

腹膜炎による小児の症状は自覚症状がわかりにくいことが多いですが、一般的に激痛が腹部全体に広がり、喉の渇き、吐き気、嘔吐、発熱、腸閉塞症状がみられます。

症状が重いと、ショック状態や死亡する危険性も高まります。
予後は良くなく、腹膜炎の進行程度、炎症を起こした菌の種類、患者さんの年齢や抵抗力、発症後の経過時間などによって変わってきます

腹膜炎の治療

腹膜炎では緊急手術を行う必要があります。
腹膜炎の手術では原因の臓器を切除したり、穴をふさいだり、腹腔の膿を除去などが行われます。

腹膜炎は原因となる病気が悪化して引き起こされることが多いので、その原因となる病気の治療も大切です。
なお、腸管機能が回復するまでは、絶食、安静、輸液療法、抗菌薬投与が行われます。


スポンサードリンク

腹膜炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .