小児の病気-子供のために-トップ > 心臓・血管 -小児の病気-川崎病(小児の症状・治療)

川崎病(小児の症状・治療)

川崎病とは?

川崎病とは原因がよくわかっていない病気で、正式名が"急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群"と呼ばれる病気です。
4歳以下の小児がかかりやすく、男の子に多い病気です。

川崎病による小児の症状

川崎病による小児の症状には、5日以上の高熱、白目の充血、唇が赤くなりひび割れたりいちご舌になる、体の手足にできる発疹、首のリンパ節の腫れ、手足の指先の腫れなどが起こります。

川崎病では血管に後遺症が残るため、動脈瘤を作ってしまうと心臓の働きが悪くなったり、血管が詰まってしまう危険性があります。

小児の川崎病の治療

川崎病の小児の治療では入院して行います。
動脈瘤を防ぐ点滴や、血栓ができないようにするための治療を行いながら経過をみます。

川崎病は再発する可能性もありますので、同じような症状が起こっていそうな場合はすぐに診てもらいましょう。


スポンサードリンク

川崎病(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .