小児の病気-子供のために-トップ > 心臓・血管 -小児の病気-心房中隔欠損(小児の症状・治療)

心房中隔欠損(小児の症状・治療)

心房中隔欠損って?

心房中隔は心房の左右を隔てる壁です。
心房中隔欠損は心房中隔に孔があり、左心房から流れた血液が右心房へ流れてしまい、肺に流れる血液が増えてしまう病気です。
小児期は通常無症状ですが、成人になってから症状が現われてきます。

心房中隔欠損による小児の症状

小児期はほとんど症状はありません。
むしろ症状があらわれてくるのは30代〜40代の大人になってからで、息切れ、不整脈、疲労感などの症状がみられます。

小児の心房中隔欠損の治療

小児期は無症状であることがほとんどですが、風邪などで医師に診てもらった時に見つかることがあります。

心房中隔の孔が小さく問題が無い場合は、手術を行いません。
大人になってから症状がでるような大きい孔は、将来のことを考えて小児期に孔をふせぐ手術を行います。なお手術は、5,6歳のときに行うことが多いです。


スポンサードリンク

心房中隔欠損(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .