小児の病気-子供のために-トップ > 心臓・血管 -小児の病気-肥大型心筋症(小児の症状・治療)

肥大型心筋症(小児の症状・治療)

肥大型心筋症とは?

肥大型心筋症(HCM;hypertrophic cardiomyopathy)は左室心筋、原因不明の心筋の病気(特発性心筋症の一つ)で、左室心筋、心室中隔の心筋が肥大して、左室拡張機能障害が起きます。

肥大型心筋症にも閉鎖型(左室流出路狭窄型)、非閉鎖型(心尖部肥厚型)、高血圧合併症などの種類があります。
閉鎖型は心筋の肥大により左心室から大動脈の間が閉塞する状態で、非閉鎖型は心筋の肥大が起きても血管は閉塞しない状態です。

肥大型心筋症による小児の症状

肥大型真菌症による小児の症状には、疲れやすい、倦怠感、運動時呼吸困難、動悸、胸痛、めまい、湿疹などがあります。無症状の場合もありますが、無症状の小児でも突然死の可能性はあります。

血液の流路を閉塞する閉塞型の肥大型心筋症の症状には、胸痛、呼吸困難、めまい、失神、突然死などで、血液の流路を閉塞しない非閉塞型の肥大型心筋症は無症状が多く、胸痛や息切れなどが現われることもあります。

肥大型心筋症の治療

肥大型心筋症では激しい運動を控えて薬物療法が用いられます。薬物療法ではβ遮断薬やカルシウム拮抗薬などが使用されます。
その他に歯ペースメーカー治療や外科的治療を用いられることもあります。

肥大型心筋症は遺伝の可能性も考えられるため、家系で突然死した人がいる場合、注意が必要です。


スポンサードリンク

肥大型心筋症(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .