小児の病気-子供のために-トップ > 心臓・血管 -小児の病気-心筋炎(小児の症状・治療)

心筋炎(小児の症状・治療)

心筋炎とは?

心筋炎は心筋に炎症が起きる病気で、感染症による心筋炎と膠原病による心筋炎があります。

感染症による心筋炎炎の場合は、特にウイルスの感染によるウイルス性心筋炎が多く、原因となるウイルスにはコクサッキーB群、コクサッキーA群、エコー、インフルエンザ、C型肝炎、HIV、EB、アデノなどがあります。
この中でもコクサッキーB群による心筋炎が多いです。

膠原病による心筋炎では、川崎病、リウマチ熱、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどがあります。

心筋炎による小児の症状

ウイルス性心筋炎による小児症状は軽いものから重症なものまで幅広いです。
急性心筋炎では発熱、咳、倦怠感、嘔吐、下痢、動悸、胸痛、呼吸困難、むくみ、不整脈、失神発作などがあらわれます。

心筋炎の治療

心電図と血行胴体を観察しながら、薬物療法を用いられることがあります。特別な治療はないため、安静にして、栄養補給することが大切です。その他、心不全や不整脈がある場合は各治療が行われます。


スポンサードリンク

心筋炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .