小児の病気-子供のために-トップ > 呼吸器 -小児の病気-結核(小児の症状・治療)

結核(小児の症状・治療)

結核って?

肺結核は肺に結核菌が感染することによって引き起こされる病気です。

それでは結核菌はどのようにして感染するのでしょうか?

小児の結核菌の感染は、主に感染している家族の咳によって飛沫感染します。 そのため接触するだけでは感染することはありません。

結核菌は感染しても発病するのではなく、体の抵抗力が低下したときに発病するといわれています。
しかし赤ちゃんの場合は抵抗力が弱いために、すぐに発病することが多いです。

肺結核による小児の症状

小児の肺結核の症状は大人の場合と異なり、病気の進行が早いです。
症状には発熱、呼吸困難、咳、倦怠感などがあります。
怖いのが結核菌が髄膜炎を引き起こすことで、これは結核菌が血液から髄膜に感染することで発病します。

小児の肺結核の治療

肺結核の検査には、胸部X線検査、塗抹検査、培養検査、遺伝子検査などがあります。
胸部X線検査では肺に異常がないか調べて、塗抹検査・培養検査・遺伝子検査では患者さんの痰を使って肺結核菌の有無を確認します。

発病している場合は薬物療法で治療をおこないます。
数年間治療薬を服用することになります。


スポンサードリンク

結核(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .