小児の病気-子供のために-トップ > 呼吸器 -小児の病気-クループ症候群(小児の症状・治療)

クループ症候群(小児の症状・治療)

クループ症候群って?

クループ症候群とは喉頭に炎症が起き、咳や呼吸困難を引き起こす病気の総称です。

喉頭は"のど"の奥部分で、炎症はウイルスや細菌の感染によって引き起こされます。
この炎症を起こすウイルスですが、パラインフルエンザウイルスが多く、5歳までの小児がかかりやすいです。

クループ症候群による小児の症状

特徴的な症状は咳です。
「ケーンケーン」という独特な咳で、症状が重いと呼吸困難になります。
その他の症状には発熱、声枯れなどがみられますが、このような症状があらわれないで突然咳が出ることもあります。

小児のクループ性症候群の治療

主にステロイド薬や血管収縮薬などの薬物療法で炎症を抑えます。
基本的には自宅で治療することができますが、症状が重い場合は入院して酸素吸引を行いながらの治療になることがあります。

小児の咳がひどい場合は、家ではお風呂の蒸気を吸わせたり外の空気を吸わせたりするのが有効です。もちろん、医師にちゃんと診てもらってください。


スポンサードリンク

クループ症候群(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .