小児の病気-子供のために-トップ > 呼吸器 -小児の病気-肺炎(小児の症状・治療)

肺炎(小児の症状・治療)

肺炎って?

肺炎は感染性肺疾患の一つで、肺に病原体が入って炎症を起こす病気です。この炎症は肺の中でも、肺胞や肺胞の周辺にみられます。

肺の炎症は主に微生物の感染によって引き起こされますが、その微生物の種類によってそれぞれ肺炎の特徴があります。
主にウイルス性肺炎、マイコプラズマ肺炎、細菌性肺炎、クラミジア肺炎に分類されます。

マイコプラズマ肺炎の特徴や症状

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマという微生物の感染が原因で引き起こされる肺炎です。

マイコプラズマ肺炎の主な症状としては強い咳が特徴的です。
マイコプラズマ肺炎は子供よりも大人に多い肺炎です。

ウイルス性肺炎による小児の影響

ウイルス性肺炎は、風邪を引き起こすRSウイルス、インフルエンザウイルス、麻疹ウイルスなどのウイルスの感染が原因で引き起こされる肺炎です。
1歳を過ぎた小児の肺炎のほとんどがウイルス性肺炎です。
ウイルス性肺炎による小児の主な症状は、発熱、鼻水といった風邪様症状から咳がひどくなってきます。
細菌性肺炎より軽いです。

細菌性肺炎

細菌性肺炎は、細菌に感染することが原因で肺炎を引き起こします。
この原因となる細菌には肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、レジオネラ菌などがあります。

症状はウイルス性肺炎の症状よりも強く、高熱と激しい咳、そして呼吸困難によるチアノーゼ症状もおこる可能性があります。

小児の肺炎の治療

細菌性肺炎の場合は一般的に入院しながら抗生物質を使って治療します。
回復するまでには2週間以上かかることが多いです。

ウイルス性肺炎の場合は、抗生物質がないので対症療法を行います。
対症療法では熱、咳、痰などの症状に対する薬で症状を軽減させながら、回復させます。

細菌性肺炎と違って、ウイルス性肺炎で入院することはあまりありません。
回復するまでには、おおよそ1、2週間かかることが多いです。


スポンサードリンク

肺炎(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .