小児の病気-子供のために-トップ > 呼吸器 -小児の病気-先天性喘鳴(小児の症状・治療)

先天性喘鳴(小児の症状・治療)

先天性喘鳴とは?

先天性喘鳴とは、生まれつき小児にゼロゼロという喘鳴がみられるもので、咽頭が狭かったりやわらかかったりすると起こります。
生後3ヶ月〜6ヶ月に先天性喘鳴が起こりやすいですが、成長とともに咽頭がしっかりしてくるため6ヶ月〜1歳の小児になると自然と治ります。

先天性喘鳴による小児の症状

先天性喘鳴による小児の症状は、呼吸するたびにゼロゼロと音がします。
ひどいときは、呼吸困難になることもあります。

小児の先天性喘鳴の治療

先天性喘鳴の場合は小児の成長とともに自然と治ります。
ただし気管がピッタリとくっつている状態や、咽頭におできができている場合は手術をすることがあります。


スポンサードリンク

先天性喘鳴(小児の症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

小児の健康のために


症状から探す主な病気


体の部位から探す


小児の検査



病気お役立ちリンク

リンク集

Copyright(c) 小児の病気-子供のために- All rights reserved .